【備忘録】次回冬コミに向けて!コミケサークル初参加のときを振り返ってみる(成功や反省のあれこれ)

【備忘録】次回冬コミに向けて!コミケサークル初参加のときを振り返ってみる(成功や反省のあれこれ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

去年(2018年)の冬、12月30日。

オタクにとっては毎年恒例な夏冬の最大イベント、コミックマーケットに私も参戦しました。

ただ、普段とは違ったことがありました。

それは、去年は一般客側ではなく、

サークル参加

であったということです。

コミケのお手伝いは学生時代に2回だけ経験したことはあるのですが、申し込みから売り物作成、販売まで全部やったのは去年が初めてでした。

そして、今年2019年も冬コミに申し込みをしており、あとは11月初旬の当落発表の結果によっては再びサークル参加することとなります!

(夏コミは落選しましたが。。。)

というわけで、今年の冬コミが当選した場合に備え、

去年の冬コミにサークル参加した際での成功や失敗、反省や嬉しかったこと等の体験談を備忘録として残しておくことにします。

↓コミケに一般側で参加した体験記事に興味がありましたら、以下をご覧ください!

そもそものサークル参加のきっかけは?

まず、何でサークル参加したのか。

まぁ、端的に言ってしまうと

友人との軽いノリ

でした(笑)

友人と「聖地巡礼に行ってみたいよね」「どうせならコミケで巡礼本とかを出してみたいよね」みたいな感じで。

友人も私も、その場で話していたときは冗談半分どころか、冗談が八割くらいだったと思います。

ただ、個人的に冗談が割と本気になったのは、聖地巡礼の旅行中でした。

友人が聖地巡礼の旅行にて撮影した写真のひとつ

一緒に行った友人がカメラが趣味であり、風景等の写真を撮るのがめちゃくちゃ上手いんです。

なので、ラブライブ!サンシャイン!の聖地巡礼スポットや関連場所を撮影してもらっていたのですが、シーンも一致するようにこだわって撮ってくれ、写真も凄い良さげ。

……あれ、これって真面目にやれば聖地巡礼本を作れるのでは?

そう思ったら、夏コミでサークル参加申込セットを購入し、申し込みをしていました。

サークル参加申し込み~当日までの流れ

サークル参加申込みが初めて

申し込みから参加までに結構手続き等が大変なのではないか。。。

そう思っていましたが、大まかな流れはとても簡単で、以下の感じ。

① (冬コミの場合) 夏コミに参加し、会場で「コミックマーケット サークル参加申込書セット」を購入

② 締切り日程までに郵便申込み(またはオンライン申込み)を完了させる

③ サークル参加当落通知の結果を確認

④ (当選した場合) コミケ当日までに販売物を用意し、指定スペースにて販売

めちゃくちゃ端折っていますが、申込み書セットをコミケでちゃんと購入し、期日までに申込み+支払いを済ませておけば当落発表までは簡単でした。

サークル参加申込書セット(C95)

申込み自体もいまはオンライン申込が可能な為、ネットが繋がる環境、且つクレジットカードがあれば支払いも用意でした。

サークル参加オンライン申込 (Circle.com)

そして日は過ぎていき。。。

8月に申込みが完了し、当落発表は11月。

3ヶ月以上も先の話であり、会社での新規案件が忙しくなったこともあってコミケに関しては頭の中から抜け落ちていました。

「当落発表が決まってから作り始めればいいでしょ」

「明日から頑張る」

とまあ、楽観的な状態でした。ダメダメな思考ですね。

そんな中、一件のメールが。

あなたのサークル「Landschaft」は、コミックマーケット95で「土曜日東地区 “W “44a」に配置されました!コミケWebにてスペース配置場所公開中です!

…… ファッ(゚д゚)!

楽観視してる場合ではないことに気付かされた瞬間でした←

本を作らないと(使命感)

超絶に当たり前な話ですが、

当選したものの当日に売るもんがないです (・ω<) てへぺろ

なんてことになったら目も当てられないっ!

というわけで、印刷所も中身の構成も何も決めて居ない状態から超速球でやり始めました。

友人には巡礼にて写真を頑張って撮ってもらったので、申し込みとか原稿は私が頑張らないと!

……というのを、冬コミ3週間前になって思いました (遅い)

まずは、聖地巡礼本の印刷について。

それは『オレンジ工房』様を利用させて頂きました。

オンデマンドの同人誌と同人グッズ印刷 【オレンジ工房】

学生時代にサークルのお手伝いとして参加していた際、同人誌を作成した御方から印刷は【オレンジ工房】がお勧めだと聞いたのを思い出したのです。

……ただ、それを思い出すのと同時に、サークルの手伝いに行ったら、売ってる同人がBL同人誌だったという何とも言い難い記憶ががががが

(売ってたら「えっ、男性が描いてたんですね!」と喜ばれてめちゃくちゃ反応に困った、、、)

さておき、実際に使った所感として良かったとは思います。

次に、聖地巡礼本の作成について。

これはPhotoshopを使って原稿を作成しました。

巡礼本の原稿作成時

漫画等の同人誌を作成するのであれば別ツールが良いのかもですが、

雑誌系の同人誌であればPhotoshopで十分だっていう話も聞き、更に自分のPCにも元から入れていたので好都合でした。

原稿も納期までに完了!さて実際のものは。。。

印刷する原稿もなんとか納期までに完了!

そして、2週間後に自宅へと実物が届きました。

自宅へと届いた聖地巡礼本
印刷物に貼ってあったメッセージ(凄い嬉しい)

本当はコミケ会場に直接届けてもらうってのも出来たのですが、

初めてなのにそれは凄く不安でした

加えて、早く自分が作った聖地巡礼本を見たいって欲求もあったんですよねw

少しでも売れますように、と祈りつつ

売るからには一冊でも多く買ってもらいたい!

実際に売るからには、やっぱりそう思うのは仕方ないですよね。

というわけで、友人とTwitter等のSNSで宣伝を実施。

SNSにて宣伝

少しでも来てもらえるように、アピールするサムネ画像はなるべく良さげな表紙やページをチョイスしましたね。

Sample表紙
Sampleページ

いざ!決戦の場(コミケ)へ!

いろいろな準備を経て、ようやくコミケ当日に。

実際に作成した聖地巡礼本を販売するってことで、凄いどきどきしました。

販売スペースに関しても少しでも目に止まってもらえるように、

POP等を事前に色々と購入したり準備し、設置完了

少しはそれっぽくなってるんじゃないですかねw

実際のサークルスペース

さて、そして時間になって冬コミが開始

こちらが売る聖地巡礼本の冊数は、計20冊

「まずは一冊売るところから始めよう」「売れなくても次に持ち越しすればいいから……」

やはり、友人も私も初めてのサークル参加ってこともあり、結構な弱腰だった気がします。

結果としては、

完売!

見本誌も含めて全て売ることが出来ました!しかも昼前までに!

たとえ冊数が少なかったにしても凄く嬉しかったのを覚えています。

友人も最初の方は、「ちょっと本のサイズが大きかったかもです」「画質上げてもっと綺麗に印刷できたかも」と言っていましたが、最終的には

「この表紙の写真、結構良い感じですよね(ドヤ顔)」

という感じで若干テンションは上がっていた気がしますw

終わってからの反省!

なんとか聖地巡礼本は完売したわけですが、反省する点はめっちゃありました

① 巡礼本のサイズが大きかった

→ A4は教科書感が凄かった。聖地巡礼に使ってもらうならB5サイズ程度が良かったかなぁ……印刷料も高めだったし。

② 聖地巡礼本の値段も低くし過ぎた

→ 儲けるつもりは欠片もなかったですが、明らかに値段を安くし過ぎた所為で最終的な売り上げはマイナス数万となってた。

③ 売り子担当の友人にチケット渡し忘れた

→サークル参加用として一般枠とは別に入れるようにチケットが貰える。

→当日までに会えず、展示場の中に先に入ってから後で入り口に戻って渡そう……と思ったが、それは駄目だとスタッフに言われ渡せなかった

(コスプレまでしてもらったのに申し訳なかった (涙))

諸々の反省を踏まえて、冬コミは当選したら望もうと思います。

さいごに

備忘録として、過去にコミケにサークル参加した際の体験談を記載しました。

いろいろと失敗は多かったですが、何も行動しないで一般客側で居たときよりも楽しかったし、有意義ではあったように思います。

今回の冬コミも当選できたら、今度はもっとクオリティを上げて作りたい!

以上!

よかったら、ポチッと応援よろしくお願いします!


にほんブログ村 アニメブログ アニオタへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

オタ活カテゴリの最新記事